*

メキシコが肥満で困ってます

アメリカを抜いてメキシコが今、肥満率が世界トップになりました。国レベルで対策を考え、メキシコ議会は高カロリー食品と炭酸飲料を課税する案を可決しました。後は、ペニャニエト大統領の署名を経て施行されるようです。税金をかけて、消費を抑えようとする試みは、成功するのでしょうか。問題は、社会環境にも潜んでいるようです。
大人だけでなく小学生の肥満も深刻化しています。治安が悪く、外で遊ぶことができないようで、運動して体力を消耗する機会が少ないことも原因の一つです。また、水質が悪く水を飲まない人が多いので、炭酸飲料の消費率が半端ではありません。1年間に飲む量は163ℓで、1日に約440ml必ず飲む計算になり、世界で1位を獲得しています。そう考えると飲み物のほとんどが炭酸飲料かもしれませんね。また、食育と言う観点からみると、子どもには塩分や糖分を過剰に摂取させない、など日本のような健康面への考えは少なく、好きなものを好きなだけ食べるという習慣が保護者自身にも根付いているようで、根本から変えることが困難なようです。課題が山積みのこの問題ですが、健康のために少しずつ改善していくことを祈っています。
わたしも人事ではありません。
肥満を解消するためにジムやエステに通う予定です。
銀行なら主婦でも借入できるのが嬉しいですね。
詳細は→銀行借入主婦ナビゲーターに詳しく紹介中です。



コメントする