*

自転車の取り締まりが強化されます

 年内の道路交通法改正によって、自転車の危険な運転行為が規制されます。そのひとつが、「自転車が通行できる路側帯を道路左側のみとし、違反すると3ケ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられる」というものです。確かに逆走自転車は危ない時があります。この改正で、危険な逆走はなくなるのでしょうか。
 この他にも、自転車の交通違反と罰則がたくさんあります。酔っ払い運転は5年以下の懲役または100万円以下の罰金、夜間無灯火で走行は、5万円以下の罰金、傘を指しての片手運転は3ケ月以下の懲役または5万円以下の罰金、ブレーキが故障しての走行も5万円以下の罰金が科せられます。私自身、知らなかった項目もあります。実際に、警官の前で平気で傘指し運転して通り過ぎたことが何度かあります。
 もう一度、自転車の道路交通法を見直す必要があるように思いました。違反を知らなかった人がたくさんいるような気がします。安全に走行していれば問題がないと思いますが、見直す必要があると思いました。
罰金が払えないときはカードローンで借りるのがおすすめです。
詳細は→銀行カードローンの口コミまとめ|迷った時の比較ポイント5つに詳しく紹介中です。



コメントする